住宅ローンの選び方・金利について




住宅ローンの選び方で、まず押さえておきたいのが金利です。住宅ローンの金利には固定金利と変動金利、固定金利選択型の3種類があります。
固定金利は基本的に全期間適用金利が変わりません。しかし、最初の10年は低めの金利で固定し10年目以降は金利がアップする二段階固定金利もあります。変動金利は通常、市場金利に連動して年二回金利が見直されます。上限金利特約が付いたタイプもあり、この場合は市場金利が大幅に上昇しても上限金利を超えることはありません。固定金利選択型は一定期間を固定金利で返済し、その後固定金利か変動金利かを選べるタイプです。
住宅ローン借り換えナビ.net

どの金利タイプにするかは、住宅ローンの選び方において重要なポイントです。一般的には固定金利にするのがセオリーと言われています。なぜなら固定金利では借り入れ時点で返済までの金利を含めた総返済額が算出されるので、返済計画が立てやすくなるからです。変動金利や固定金利選択型の方が金利は低いので魅力的に見えますが、総返済額が分からないので返済計画は立てづらくなります。